2017年05月23日

びんの小鬼

「びんの小鬼」                     R・L・スティーヴンスン
★★★★★



ハワイにケアウェという男がいた。

彼は世界や大都市を見たいと思い、サンフランシスコに行った。そこで、ある男と出会う。男は小びんを持っていて、50ドルでそれを売ってやると言う。その小びんの中には小鬼がおり、頼むと何でも好きなものを与えてくれるらしい。しかし、寿命を延ばすことだけはできず、小びんを持ったまま死ぬと、その人は地獄に行ってしまう。小びんを売れば地獄へは行かなくてすむのだが、その小びんは買った時よりも安い値段で売る必要がある。買った時と同じ値段や、高い値で売ると小びんが自分のところへ戻ってきてしまうのだ。

ケアウェはそれを50ドルで買い、試しに「50ドル返してくれ」と小びんの小鬼に言うと、ちゃんと50ドルが戻ってきたのだ。そしてケアウェはある願いをするのだが、その願いは彼の望まないような形で実現された。願いをかなえてくれるのは神様ではなく小鬼なので、やり方も喜べるようなものではないのだ。

ケアウェははそのびんをすぐに売ってしまうが、その後、しばらくして彼は病にかかり、もう一度小びんを手に入れて病気を治そうとするが・・・

なかなか毒のある話である。星新一のショートショートを思わせる。ケアウェ夫妻が考え出す解決法は、私が思いついたのと同じであった。ラストは少し予定調和的な感じもするが、ちゃんとまとまっていて、楽しめる小説だった。
posted by 三毛ネコ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

グリム傑作童話集

「グリム傑作童話集」
★★★★



「漁師とおかみさん」
あるところに貧しい漁師がいた。彼は漁でしゃべる魚を釣り上げた。その魚は、自分は魔法の王子だと言うので、漁師はその魚を放してやる。漁師は、自分の妻の頼みを聞き、助けてやったお礼として、その魚に妻の願いをかなえてくれるように頼むのだが、妻の願いは際限がなく・・・。人間の欲には限界がないことがよく分かる。一つ何かを手に入れたら、次のものが欲しくなるのだ。そんな生き方ではどこかで破綻が生じる、と言う教訓を込めた物語である。

「勇ましいちびの仕立屋」
全然強くはないのだが、気持ちだけは勇敢なちびの仕立屋がいた。彼は多くの人に自分が勇敢なことを知らせるため、旅に出る。そして巨人に出会い、その試練を、知恵を働かせて乗り切る。その後も頭を使って難題をクリアする。体力がなくても、勇気と知恵があれば成功できることを教えられる。

「ルンペルシュティルツヒェン」
あるところに、美しくて働き者の娘がいた。父親にとっては自慢の娘で、仕事で王宮に行った時王様に、自分の娘は藁から金を作れると嘘をついてしまう。そこで王様はその娘を呼んで、藁から金を作るように命じる。途方に暮れる娘だが、奇妙な小男が現れて、彼女を助けてくれる。しかし、その男は代価としてとんでもない要求をして・・・。無理難題をクリアして幸せをつかむというパターンである。

他2編収録。一つひとつの物語は短いので、その不思議な世界に浸っているうちに、全て読み終えてしまえる、そんな一冊である。
posted by 三毛ネコ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

よだかの星

「よだかの星」                          宮沢 賢治
★★★★★



よだかは醜い鳥である。体色は地味、ブサイクな顔。他の鳥はみんなよだかを嫌っていた。よだかは他の鳥から避けられ、悪口を言われていた。よだかは「たか」という名は付いているが、本当のタカ(タカ目)ではない。タカほどの力がないため、他の鳥はよだかを恐れないのだ。

ある夜、タカがよだかのところにやって来て、自分とよだかでは全く違うので、名前を変えろと言う。よだかは自分の名は神からの贈り物なので、変えることはできないと反論する。タカは、名前を「イチゾウ」に変えろと主張する。そして他の鳥に、改名したことを説明して回れと言う。もし明後日の朝までにそうしなければ、よだかを殺すとまで言う。

よだかは思う。確かに自分は醜いが、何か悪いことをしたわけではない。それなのに、なぜこんなに嫌われるのか。

そして、よだかが取った行動とは・・・

子供のころに読んだが、改めて読むと、よだかは典型的ないじめられっ子である。タカはいじめっ子。他の鳥はそれを面白半分で見ている。

宮沢賢治はこの物語でこう言いたかったのだろう。いじめられていても、自分の目標を見つけ、それに向かって進んでいけば、いつか達成できる、輝くことができる。だから、自分だけの夢を見つけて、それに向けて行動しよう。そうすれば、自分の欠点も克服することができるよ、と。

賢治は、そんなメッセージをこの物語に託していたのだろう。

そんなことが分かるのも名作再読の良さですね。
posted by 三毛ネコ at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

フランダースの犬

「フランダースの犬」                          ウィーダ
★★★★★



主人公はネロとパトラッシュ。祖父のジェハンじいさんのもとで育った。家は貧しかったが、ジェハンはネロを愛していた。ネロは、純粋で親切な少年だった。

大型犬のパトラッシュも2人にとって重要な存在だった。パトラッシュは彼らの全てだった。

パトラッシュはまだ若いころから重い荷車を引っ張る仕事をさせられていた。主人は乱暴な男で、エサも水も与えずにパトラッシュをこき使った。少しでも休めばムチが飛んでくる。ある時、ついにパトラッシュは力尽きて倒れ、動けなくなった。主人はパトラッシュがもう死にかけていると思い、道ばたに捨てていった。

そこを通りかかって命を救ったのがネロとジェハンだった。2人の世話によってパトラッシュは元気を取り戻す。

そして、ジェハンがミルク缶を荷車で運ぶのを手伝うようにもなる。ネロも6歳になり、パトラッシュと共にミルクを売りに行く仕事ができるようになった。ジェハンじいさんは自分で売りに行く必要がなくなった。ネロたちは貧しかったが、とても幸せだった。

ネロはよく教会に行っていた。そこには布で覆われた宗教画があり、ネロはそれを見たいと切望していた。金持ちだけが、金を払って見ることができたのだ。

ネロには誰も知らない才能があった。絵を描くことである。石にチョークで絵を描いていたのだが、それを知っていたのはパトラッシュと女友達のアロアだけだった。

だが、貧しいために、ネロは困難に直面することになる。少年の画家になる夢と、あまりにもかけ離れている現実。そんな様子が描かれる。つらい出来事も経験する。それを乗り越えて、ネロは幸せをつかむことができるのか・・・?

アニメ版のラストシーンは多くの人が知っているだろうが、英語版の方はどうなっているのか。それは読んでのお楽しみ。

貧しくても、正直な生き方を貫こうとするネロと、そこに寄り添うパトラッシュ。

美しくも、悲しい物語である。
posted by 三毛ネコ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

二つの名前を持ったネコ

「二つの名前を持ったネコ」                  アラン・ポズナー
★★★★



緑の目の黒猫がいた。なぜかそのネコはテイラー家では「マーティン」というオスの名前、ジョーンズ家では「ティナ」というメスの名で呼ばれている。

ある朝、テイラー家に現れたこのネコは、「ピザ」と言うのを聞いて、主人公の1人、サラにほほえみ、うなずいた。そしてピザを平らげ、リビングで眠ってしまう。しばらくして起きてきたサラの両親に「マーティン」と名付けられる。

そしてある夜、ジョーンズ家に現れたこの黒猫は、冷蔵庫の前に座り、動かない。ジョーンズ家の子供、ピーターはネコの晩ご飯としてツナ缶をやる。ピーターが学校で同じクラスの「ティナ」という名前をそのネコにつけたのだ。

二重生活を楽しむ黒猫。テイラー家では気ままな生活をして、ジョーンズ家では規則正しい食事と新聞、ビデオ(特に、トムとジェリー)を楽しむ。

しかし、ある時、このネコはどちらの家にも来なくなる。この後、騒々しくも楽しい物語が展開していく。第一部はここまで。

第二部は「THE BIG TREE」である。サラとピーターは友達になった。しかし2人の生活スタイルは正反対。なかなか意見は一致しない。

しかし、やはり話の中心になるのはくだんの黒猫である。このネコをめぐってちょっとした冒険とハプニングが起きたりもするのだが、そこは楽しい物語なので、それなりにまとめてある。

まあ、こんな軽い話をときどき読むのもいいかな、と思わされた。
posted by 三毛ネコ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする