2017年05月08日

よだかの星

「よだかの星」                          宮沢 賢治
★★★★★



よだかは醜い鳥である。体色は地味、ブサイクな顔。他の鳥はみんなよだかを嫌っていた。よだかは他の鳥から避けられ、悪口を言われていた。よだかは「たか」という名は付いているが、本当のタカ(タカ目)ではない。タカほどの力がないため、他の鳥はよだかを恐れないのだ。

ある夜、タカがよだかのところにやって来て、自分とよだかでは全く違うので、名前を変えろと言う。よだかは自分の名は神からの贈り物なので、変えることはできないと反論する。タカは、名前を「イチゾウ」に変えろと主張する。そして他の鳥に、改名したことを説明して回れと言う。もし明後日の朝までにそうしなければ、よだかを殺すとまで言う。

よだかは思う。確かに自分は醜いが、何か悪いことをしたわけではない。それなのに、なぜこんなに嫌われるのか。

そして、よだかが取った行動とは・・・

子供のころに読んだが、改めて読むと、よだかは典型的ないじめられっ子である。タカはいじめっ子。他の鳥はそれを面白半分で見ている。

宮沢賢治はこの物語でこう言いたかったのだろう。いじめられていても、自分の目標を見つけ、それに向かって進んでいけば、いつか達成できる、輝くことができる。だから、自分だけの夢を見つけて、それに向けて行動しよう。そうすれば、自分の欠点も克服することができるよ、と。

賢治は、そんなメッセージをこの物語に託していたのだろう。

そんなことが分かるのも名作再読の良さですね。
posted by 三毛ネコ at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする