2011年03月09日

ミステリーの書き方

「ミステリーの書き方」                    日本推理作家協会編著





ミステリーを書きたい。それが,今の私の願いである。目標とするのは東野圭吾さんの「鳥人計画」。私が初めて読んだ東野作品であり,それ以来彼の作品はほとんど読んできた。私は,今でも彼の代表作は「鳥人計画」か「天空の蜂」だと思っている。それくらい,鳥人計画には衝撃を受けた。一作でいいから書いてみたい。あのレベルのミステリーを。それがこの本を読んだ動機である。

いくつか気になる指摘があった。たとえば,福井晴敏さんの「人間に興味を持つことが大事」という言葉や,東野さんの「日常の些細なことからアイデアが生まれる」といった言葉である。参考になると共に,やはり自分は小説を書くのに向いていないのでは…と思った。

読めば読むほどどう書けばいいのか分からなくなってきたのも事実である。しかし,ファンである東野さんのアドバイスは具体的で分かりやすかった。北村薫さんの「書くためには人間などを「見る」目を持たなければならない」という指摘も厳しいが的を射ている。私はまだそういう目を持っていないため,書きたいテーマが浮かんでこない。

しかし,可能性はある。世界的作家,村上春樹は若いころ,何かを書きたかったが,何をどう書けばいいか分からなかった。しかし,ある日,神宮球場でプロ野球の試合を見ていて「小説を書こう」と思ったという。彼は,そんな瞬間は誰にでも訪れる可能性があると言っている。私も,文章を書く練習をしながら,「その時」を待とうと思う。それが面白いストーリーであることを願って…

私が知りたかったのは,アイデアをどのようにして得るか,プロットをどのように作るかということなので,それ以外の部分はあまり参考にならなかった。しかし,数々のアドバイスの中で驚いたのが馳星周さんの言葉であった。「コピーや真似をしているうちにオリジナリティーが出てくる」。小説で一番大事なのはオリジナリティーだと思っていたので,コピーから始めてもいいという言葉には驚いた。と同時に,真似からでもいいんだ,と少し勇気付けられた。

全体的に,ヒントはけっこうちりばめられている。特に,東野さんと馳さんのアドバイスは具体的で分かりやすく,とても参考になった。書きたいテーマを持っている人がこの本を読めば,1作品ぐらいは書けるかもしれない。そんな説得力を持った本である。








ミステリーの書き方
  • 日本推理作家協会
  • 幻冬舎
  • 1890円
Amazonで購入
書評
posted by 三毛ネコ at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
Posted by 履歴書の書き方の見本 at 2011年09月04日 20:05
コメント,ありがとうございます。これからも,人の役に立つような書評を心がけますので,また見に来てください。
Posted by 三毛ネコ at 2011年09月04日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189714964

この記事へのトラックバック