2012年12月04日

博士の愛した数式

「博士の愛した数式」                       小川 洋子
★★★★★



主人公は元大学の数学講師。その記憶は80分しかもたない。その家へ派遣された新しい家政婦。彼女の目を通して物語は進行する。

 話の中心は数学になる。数学という学問の美しさ。それに対する博士の純粋な驚きや喜びが読者の心を打つ。

 この博士はハンデを抱えながら,決して不幸ではない。家政婦親子は,彼の数学に対する愛情に触れ,彼との交流を楽しむようになっていく。数学といえば,たいていの人は拒否反応を示す。しかし,この小説の中では重要なモチーフとなっているのみならず,主役にさえなっている。この小説には悲壮感は漂っていない。むしろ,ほのぼのとした暖かみが伝わってくる。博士と雇われ家政婦との交流が描かれるのだが,80分しか記憶が持たない博士にとって,どんな体験も意味を持たない,と考える人もいるだろう。しかし,私はそうは思わない。人間は生まれた時から今までの出来事をすべて記憶している,と聞いたことがある。忘れたことでも,実際は潜在意識の中にちゃんと記憶されていて,それが浮かび上がってこないだけなのだと。博士にとっても同じことが言える,と私は信じたい。たとえすべて忘れているように見えても,その経験は潜在意識のどこかに蓄えられており,彼にとって貴重な財産となっているはずだと。

 「永遠の真実は目には見えない。数学はその姿を解明し,表現することができる」最も印象に残る,博士の言葉である。

 結末は少し悲しい。しかし,だからこそ読者の胸に残る。いい作品である。
posted by 三毛ネコ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 純文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305159031

この記事へのトラックバック

DJみたいなネコ、かわいすぎる結末 ほか
Excerpt: DJみたいなネコ、かわいすぎる結末レコードプレーヤーが気になるネコ。ボブ・マーリーの曲が流れるなか、ネコDJ的なアレンジが! そして、最後は、予想外のパフォーマンス。そうきたか……って感じです。マッサ..
Weblog: 映像トピックス【バックナンバー】
Tracked: 2012-12-04 18:03