2013年10月16日

天佑なり

「天佑なり」                          幸田 真音
★★★★



高橋是清の物語。と言っても、私は高橋是清という人物をほとんど知らない。第二次世界大戦の前に大蔵大臣をしていたと聞いたことがあるだけだ。また、宮沢喜一元首相が「平成の高橋是清」と呼ばれたのを知っているぐらいである。昔の偉人の一人なのだろう、ぐらいに思っていた。

是清は、英語を学ぶために、13歳でアメリカに渡る。そこではいろいろあり、日本に戻ってきて、開成所で英語を教えるようになる。読んでいくと、是清は決して優等生タイプではないことが分かる。むしろ逆で、遊びすぎて勤めていた学校をやめなければならなかったくらいである。

また、この頃は16歳で一人前の大人と見なされていた。是清も16歳で英語学校を経営していた。昔は大人になるのが早かった。

是清は一時期、英語の翻訳をして生計を立てていたようだが、そのやり方は、今なら考えられないような方法だ。是清はなんと、口頭で英文を読み上げながら訳していき、それを助手に書き写させるというのである。私も翻訳者の端くれであるから分かるのだが、こんな方法で翻訳をするには、相当ハイレベルな英語力が必要とされる。今の一流の翻訳者でも同じ方法で翻訳はできないだろう。

さて、是清の人生はまさに波瀾万丈である。出世したかと思えば職を失い、食うにも困ったりする。しかし、そんな中でも自分の生き方を貫こうとする是清の態度が印象的である。やはり、才能のある人間は自然に世に出るようになっているのだろう。是清は、前例や既成概念にとらわれず、次々と改革を成し遂げていける、行動力のある人物だったようだ。そして是清はだんだん出世していき、日銀副総裁の時、まさに「天佑」と言える出来事を経験する。

当時の歴史も交えながら、非常に興味深く読める。井上馨、松方正義など歴史で習った偉人があちこちで登場するのも楽しめる要素となっている。後に是清は大臣になるのだが、印象的なのは、当時軍国主義に反対していたことだ。なかなかできないことだし、当時の情勢を考えれば、命の危険もある。しかし、是清は信念の人である。日本のために、これが正しいと思えば堂々と主張する。それが是清という男である。そして、是清は日本の恐慌をも救う。その手腕を知ると、今是清が財務大臣であったら…と考えずにはいられない。1000兆の借金を、是清ならどうするのか。アベノミクスは果たして是清のように日本を救えるのか。そんなことを考えさせられた本だった。

posted by 三毛ネコ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック