2007年04月29日

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」  森沢 洋介
★★★★★



一言でいえば、口頭で英作文のトレーニングをする本。たとえば、「私は昨日歩いて学校に行きました」というような簡単な文を I walked to school yesterday. と瞬間的に、かつ滑らかに言えるようにする。この作業を大量にやる。決して、英文を暗記するわけではない。日本語から英文を作るトレーニングをすることによって、スピーディーに英語をしゃべるための英作文回路を作ることが目的である。この訓練を積んでいくと、英語がスムーズに口から出てくるようになる。

ただし、適切なインプット(多読、テキストの音読など)がなければ話せるレベルは低いままであろう。このトレーニングは、あくまで、自分の持っている英語力を最大限に引き出し、自分のレベル(TOEIC600なら600、900なら900)に応じた英会話力をつけるためのものである。自分の実力以上の英会話力は決してつかない。

私も、現在著者の薦めるテキストで瞬間英作文をしているが、確かに効果がある。英語が、少しづつスムーズに口から出るようになってきたのである。今参加している英会話のサークルでもそれを指摘された。英検準一級の2次試験に受かったのも、このトレーニングによるところが大きい。英語が話せるようになりたい人にはオススメのテキストである。できれば、同著者の「英語上達完全マップ」を読んで、音読などの他のトレーニングと組み合わせて勉強するのがよいだろう。

付け加えておくと、瞬間英作文には3つのステージがあって、この本は第一ステージにすぎない。私が2次試験に合格した時は、第一ステージの途中で、半年ほどトレーニングをした頃であった。したがって、ある程度の実力のある人がこのトレーニングをすると、それぐらいの期間で効果が出るものと思われる。しかし、第三ステージまで進まないと、ペラペラしゃべることはできないだろう。その点では、早く著者にこの本の続編を出してほしいものである。




posted by 三毛ネコ at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック