2016年08月21日

アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ

「アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ」           ジョーマーチャント
★★★★★



アンティキテラ。この地名を聞いたことがある人はあまりいないだろう。ギリシャにある島である。そこで、ある機械が発見される。およそ二千年前のものだ。しかし、時計が出現したのは一千年前ぐらいのことであり、二千年前のギリシャ人がそんな機械を持っていたはずはない。謎は深まるばかり。そんな中、学者たちは知的好奇心をみなぎらせ、この機械の正体を知ろうとする。

そしてプライスという科学者によって謎が解ける。その過程は非常に面白く、科学好きならずとも知的興奮を覚えるだろう。果たして、どのような機械だったのか。それは読んでもらうしかない。

しかし、その後ライトという博物館の学芸員がプライスが解ききれなかった謎に挑戦する。それから、ついに彼は謎を見事に解いた…ように見える。しかし、実際はもうひとつどんでん返しがあった。なかなかうまい構成である。上質の推理小説を読むように、アンティキテラの機械の謎解きが楽しめる。欠点としてはやや説明が細かすぎること。読者が知りたいのはコンピューターの謎であり、細かい説明ではない。もう少しドラマチックにしてもよかったと思うのだが。

そしてついに、すべての謎が明かされる。二千年前に、今までは考えられなかった知識や技術が存在したのだ。今までの科学史観を覆す大発見である。当時の人間の知恵の深さにはただただ脱帽するばかりである。

途中、ちょっと単調な部分もあるが、それを補って余りある知的刺激を得られる。読みごたえは十分ある本。
posted by 三毛ネコ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441226415

この記事へのトラックバック