2017年01月22日

神の子

「神の子」                          薬丸 岳
★★★★



IQ161。主人公、町田博史の知能指数である。一度見たものを写真のように記憶できる、まぎれもない天才である。しかし、彼は戸籍を持っておらず、学校にもまともに行っていない。人に対する共感や人間らしい情緒に欠けている。学歴もないため、まともな仕事はできず、非合法の仕事で稼いでいる。

その町田のボスである室井という人物は、犯罪は神の摂理だと言う。また、犯罪は神が求めている、とまで言う。こんな理屈にはまったく共感できないのだが、作品中の不幸な生い立ちの少年少女には説得力を持って響くようだ。

あることがきっかけで、町田は少年院に入ることになるのだが、その後、どんな展開になるのか−。それは読んでのお楽しみ。

ところどころで語られる正論が胸を突く。「自分は人に変われるチャンスを与えてあげたい」、「辛くても厳しい言葉を言ってくれる人こそが自分にとっての光」といった言葉である。作者が伝えたいメッセージは、そういったセリフではなかろうか。

最初はノワールなのかとも思ったが、そういう小説ではなかった。けっこう笑える場面も盛り込まれている。そして、主人公は人の情に触れ、だんだんと変わっていくのだ。人は変われる、いくらでもやり直せる・・・そんなことを思わされる。

しかし、そんなに簡単に話は終わらない。もう一波乱あるのだ。うまくいっていた展開に次々と問題が起こり、事態は悪化していく。そして一気に真相が分かり、エピローグへ…。やはり、人間関係で傷ついた心を癒やすのは人間でしかなく、人を変えられるのは仲間や恋人、家族など周りの人間の愛情である。人は一人では生きていけない、そんな当たり前のことを実感した小説だった。
タグ:薬丸岳 小説
posted by 三毛ネコ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446189793

この記事へのトラックバック