2017年02月12日

A Christmas Carol

「A Christmas Carol」 Charles Dickens
★★★



「クリスマス・キャロル」のリライト版。

スクルージは気難しい男で、金だけを愛していた。性格は冷たく、友人もいなかった。しかし、本人はその状態で幸せだった。

さて、あるクリスマスの前夜においのフレッドがスクルージのオフィスに入ってきた。フレッドは笑顔で「メリークリスマス!」と言うが、スクルージは「何が楽しい?」とにべもない。

その夜、スクルージのところに元相棒だったマーレイの幽霊が現れる。そして、3体の幽霊がスクルージの前に現れると言い残して消えてしまう。その後、窓の外を見ると、鎖をつけた幽霊が外を歩き回っているのが見えた。

スクルージは窓を閉め、何とか眠りにつくが、目が覚めるとまだ暗く、午前2時に寝たはずなのに時計の針は午前12時を指している。そして1時になると、最初の幽霊が現れる。そいつはスクルージを連れて外に出る。そこはスクルージが子供時代を過ごした町だった。自分の過去を見せられるスクルージ。彼にもかつては愛する家族や親しい友人がいたのだ。

その後、2人目、3人目の幽霊が現れ、スクルージは人生において本当は何が大切なのかを悟っていく。

有名な物語だが、スクルージの心境の変化がかなりあっさりと書かれている。そのため、心から満足できる読書にはならないが、短くてすぐ読み切れるので達成感はあった。
【関連する記事】
posted by 三毛ネコ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 penguin readers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446929915

この記事へのトラックバック