2017年02月19日

アウトサイダー

「アウトサイダー」                      フレデリック・フォーサイス
★★★★★



「ジャッカルの日」などを書いた、人気作家、フレデリック・フォーサイスの自伝である。

フォーサイスはイギリスで生まれた。パイロットになることを夢見た少年時代。学校が休みの間、フランスやドイツに滞在した。語学が得意で、15歳で、大学進学の資格条件になる語学の試験に合格する。

そして、飛行クラブでパイロットになるための飛行訓練も受けることもできた。16歳のときである。その後、民間のパイロット免許を取る。

17歳で4か国語を話せるようになっていた。

それから、希望通りイギリス空軍に入ることができたのだ。そしてジェット機のパイロットになれたのだが、そのまま空軍にとどまっていてもパイロットは続けられないと分かり、除隊する。

次の夢はジャーナリストになり、世界中を見て回ることだった。そして新聞社に入り、あるきっかけから、何とあのロイター通信の記者になる。特派員として、東ドイツにいたこともある。その間に、フォーサイスの書いた通信文が、あわや第3次世界大戦を引き起こすか、と思われる出来事もあった。

その後、BBCの記者になるが、あくまで公正な報道をしようとしたために居づらくなり、辞表を書くことになる。

BBC時代には、アフリカでの紛争を経験したこともあった。迫撃砲を撃たれながら戦地を脱したこともある。

フォーサイスの小説は2冊しか読んでいないが、上記のような普通の人がしそうもない経験が、後の作品につながっていったことは容易に想像できる。

デビュー作、「ジャッカルの日」がたった35日間で書かれたという記述には驚かされる。「才能」としか言いようがない。

なかなか波瀾万丈の人生で、こんな人生でなければあれだけの小説は書けないだろうな、と思わされた。なかなか興味深く、もっと彼の作品を読みたくなる、そんな自伝だった。
posted by 三毛ネコ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447145845

この記事へのトラックバック