2017年03月26日

オール・フォー・ラブ

「オール・フォー・ラブ」                 ジェレミー・タイラー
★★★★



エミリーは14歳の女の子。父親、兄と一緒に自転車でヨーロッパへの旅に出る。エミリーはイギリスに住んでいて、自転車の旅はオランダから始める予定である。

電車に自転車を積んで、ブリストルからロンドン、そしてリバプール。そこから、船でオランダへ!

エミリーの父、アランはトラベルライターで、この旅のことを新聞に書くことになっている。エミリーは父のことが大好きだ。

オランダに着き、いよいよ旅がスタートするが、たちまち道に迷ってしまう。そんなことにもめげず、旅は続いていく。オランダには自転車専用道路があるので、サイクリングも楽々!

その日、エミリーはレムコという少年に出会う。なかなか魅力的な少年のようだ。しばらく楽しいおしゃべりをして、エミリーは宿に戻る。翌日、エミリーはレムコに会い、チーズをプレゼントされる。エミリーはレムコをサイクリングに誘うが、彼はいいアイデアを思いついたと言って去ってしまう。

さて、この楽しそうな旅の行方は?レムコとエミリーの関係は発展するのか?・・・などと思わせながら、軽いタッチで話が進んでいく。

この小説の中にEメール用語が出てくる。「You」をUと書いたり、「your」をyrと省略したりするのである。私も外国人とメールのやり取りをすることがあるが、最初はメール独特の用語に戸惑った。しかし、慣れてしまえば簡単に読める。

最後まで読むと、単なる楽しいだけの小説ではないことが分かるのだが、全体としては軽い感じの作品である。
posted by 三毛ネコ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック