2017年05月28日

ジキルとハイド

「ジキルとハイド」                  R・L・スティーヴンスン
★★★★★



ある場所で女の子が殴り倒された。周りの人たちは犯人を捕まえ、その男はお詫びのしるしとして金を支払った。非常にいやな感じの男で、自分のことをハイドと名乗った。

そのことを聞いた、ジキル博士の友人である弁護士のアタソンは、博士から遺書を預かっていた。そこには、ジキル博士の財産は全てハイドに譲ると書かれていたのだ。そのことに疑問を抱くアタソン。

ジキル博士と話をするために家に行くが、博士は外出中だった。2週間後に会って話すと、できるだけハイドを助けてやってほしいと頼まれる。

それから1年後―。ある家のお手伝いがハイドが老人を杖で殴り、蹴飛ばして殺してしまうのを目撃する。その杖はジキル博士のものだった。アタソンはこの事件を知り、警察をハイドの家に案内するが、ハイドはいなかった。

アタソンはもう一度ジキル博士の家に行き、話をする。博士はショックを受けているようだった。そして、ジキル博士はもう二度とハイドは現れないと言う。確かに、その後しばらくは現れなかった。

しかしある日、アタソンがジキル博士の家に行くと、会ってもらえなかった。何日間もそんな調子である。アタソンはジキルとも親交があるラニョン医師のところへ行くが、彼はひどくやつれているような様子で、ジキルのことは聞きたくないと言う。

その後、アタソンはジキルと顔を合わせる機会があったのだが、彼の様子は普通ではなかった。そして、ハイドが再び・・・

あまりにも有名な物語である。しかし、大まかなところは知っていても、話のディテールはけっこう知らない点があり、「こんな話だったのか」と確認しながら楽しめた。英語の勉強にもなるし、名作を簡単な英語で読んでいくのは悪くない試みだ。
posted by 三毛ネコ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック