2017年07月04日

ザッカーバーグ・ストーリー

「Facebookを創った男:ザッカーバーグ・ストーリー」      トム・クリスティアン
★★★★★



1984年、マーク・ザッカーバーグは生まれた。父は歯科医、母は精神科医という裕福な家庭だった。

父が、ザッカーバーグにプログラミングを教えた。ザッカーバーグが11歳になると、家庭教師からプログラミングを本格的に学ぶ。たちまち上達し、自分でゲームを作って遊ぶようになる。そして、14歳の時に、父親が仕事で使える簡易メッセージソフトを作ってしまった。それが1996年、AOLがインスタント・メッセンジャーを出す前のことである。

その後ザッカーバーグは、元米国大統領も卒業した名門高校に転校する。そこで、Synapseという音楽再生ソフトを開発する。このソフトは、その人が聴く音楽を理解し、お勧めの音楽を知らせてくれるのだ。

卒業後、ハーバード大学に進み、コンピューター科学と心理学を専攻する。2年の時には「フェイスマッシュ」というウェブサイトを作った。ハーバードの学生の外見を比較するサイトで、他の学生から批判を浴びて、すぐに閉鎖されてしまったが。

しかし、そのことを知ったハーバードの4年生3人から、ハーバードの学生の交流サイトを作りたいと言われ、そのプログラミングをするように頼まれる。それがフェイスブックの元になった、と思ったのだが、実はそうではなく、彼らと会う前にザッカーバーグはすでにソーシャル・ネットワーキング・サイトを作っていた。それが現在のフェイスブックの前身となるサイトである。作って1か月で、ハーバードの学部生の4分の3が登録した。フェイスブックは、ハーバード以外の大学にも広がっていった。

だんだんフェイスブックが大きくなっていくにつれてサーバーのレンタル料などもかかるようになり、金が必要になってきた。そこで、フェイスブックにマスターカードが広告を出し、思った以上の宣伝効果があった。

そしてザッカーバーグはハーバード大学を中退する決心をする。

それから、フェイスブックはページに広告を載せて収入を得るという現在のスタイルを確立していくことになる。その後の経緯については、本書を読んでいただきたい。

読むと、ザッカーバーグは決して金ばかりを追いかけていなかったことが分かる。ビジネスとしてではなくスタートさせたサイトがあそこまで大きくなってしまうのだから、ネットの持つ可能性は計り知れない。私も仕事でネットを十分活用させてもらっているが。

伝記を読むのはもともと好きだが、英語で読むと達成感がある。これからもできるだけ読み続けていきたい。
posted by 三毛ネコ at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック