2017年10月29日

不思議の国のアリス

「不思議の国のアリス」            ルイス・キャロル
★★★★★



主人公のアリスは川べりに座って退屈だった。お姉ちゃんの本を覗いてみても、絵も会話もない本で、つまらない。そこへ、なぜかとても急いでいる白ウサギが通りかかり、興味を持ったアリスは後を追う。ウサギは走ってウサギ穴の中に入り、アリスも続く。穴の中の壁は本棚で一杯だった。そしてアリスは穴深くにどんどん落下していく。地球の裏側に出るのではないかと思いながら。

ようやく落下が止まると、そこは不思議の国だった。そしてアリスは鍵のかかったドアだらけの部屋に取り残される。部屋から出ることができず、困ってその部屋にある液体を飲むと、体が小さくなった。それでも部屋から出られず、そこにあった小さなケーキを食べると、また元の大きさに戻る。

そんなドタバタがあり、白ウサギには召使いと間違えられ、手袋とうちわを持ってくるようにいわれる。その途中で、アリスはまた、発見した液体を飲み、部屋いっぱいまで体が大きくなってしまう。どうにもならなくなって困り、そこにあったケーキを食べて体が小さくなり、やっと外へ出られる。さて、この不思議の国でアリスはどうなってしまうのか。彼女を待ち受ける運命は?

その後も、タバコをふかすイモムシが出てきたり、魚の顔の従僕が現れたりと、奇想天外な話が展開する。

作家の想像力のたくましさを存分に堪能した一冊だった。
posted by 三毛ネコ at 12:01| Comment(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: