2017年12月02日

エドガー・アラン・ポー怪奇傑作選

「エドガー・アラン・ポー怪奇傑作選」         エドガー・アラン・ポー
★★★★★



エドガー・アラン・ポーの短編集3つを収録した本である。

・黒猫 「私」の独白という形で物語が展開する。小さいころから動物好きだった私。両親はそれを知ってたくさんの動物を飼わせてくれた。しかし、大人になって大酒を飲むようになり、「私」の性格は変わってしまう。妻を殴ったり、動物にもひどい仕打ちをするようになったのだ。そして、飲み過ぎて帰宅したある日、愛猫プルートに対して彼がした仕打ちとは・・・そんなことをした理由が描写されるが、とても共感できない。だんだんと狂気に犯されていく男の特殊な心理が描かれる。日本語で読んでいたら気分が悪くなるような話である。

・ウィリアム・ウィルソン この話も「私」の一人称で語られる。私は一族から想像力と激しやすい性格を受け継いだ。我が強く、自分の意志のみに従って生きていた。しかし、「私」と同姓同名の生徒(ウィリアム・ウィルソン)だけは「私」の言葉に従わなかったのだ。そしてその同姓同名の男と「私」は誕生日まで同じだった。ほぼ毎日、私とその男は口論をしていた。ウィルソンは「私」にとって厄介な存在だった。その後の人生でも、先々にもう一人のウィリアム・ウィルソンの影が・・・彼は一体何者なのか?それはラストで明らかになる。

・黄金虫 「私」が友人のルグランを訪ねた時、ちょっと変わったコガネムシを発見したことを知る。ルグランは虫の収集が趣味なのだ。しかし、その発見の後、ルグランの様子がおかしくなった。何か計算ばかりしているのだ。そしてルグランの召使いのジュピターに連れられて、「私」がラグランのところへ行くと、彼は一生懸命何かを探しているようだった。どうやら、彼が探しているのは伝説の財宝のようだ。果たして、そんなものが本当にあるのだろうか?わずかな手がかりから鋭い推理をしてみせたラグランの洞察力には感心した。人も死なず、読後感も良い短編だった。
posted by 三毛ネコ at 11:21| Comment(0) | ラダーシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: