2019年11月16日

日本の科学者をめぐる問題を提起した本です。読むと、あまりにひどい現状にあきれます。

「科学者が消える」    岩本 宣明
★★★★



日本人はノーベル賞が好きである。私もその一人だ。近年は日本人が次々とノーベル賞を受賞し、同じ日本人としては喜ばしい限りである。また、この本のデータ(2016年まで)では日本人の自然科学系のノーベル賞受賞者は17人。アメリカ(68人)に次いで2位である。これも嬉しい事実である。

しかし、そうそう喜んでばかりはいられない。理工系の大学院博士課程への入学者が減り続けているのだ。2003年に比べると、2017年では3分の1も入学者が減少している。理由は簡単、博士号を取っても仕事がないからである。いわゆる、安定した仕事を得られないポスドクが多いのである。博士課程修了者で安定した研究職に就けるのは、全体の7%だけだという。

カネの問題もある。博士課程まで行くと、必要な金は大体1028万円。多くの学生はそれを奨学金でまかなう。博士課程を修了すると、500万円以上の借金を抱える人が1割もいる。

こんな現実では、理系の学生が博士になりたがらないのも仕方ないだろう。

現在は、まだ環境が良かった頃の研究者がノーベル賞を取っているが、20年、30年後には受賞者がいなくなるかもしれない。

さらに、論文の数も減り、世界大学ランキングも下がっている。論文の質も落ちている。

この本を読んでいると、現状では日本の科学の将来に希望は何一つないようだ。研究開発費、大学への交付金など、長期的な視野に基づいた抜本的な大学・大学院の変革が必要なのだろう。大学の教員と研究者を分離することも考えなければならない。

この本が、こういった問題解決のきっかけになればいいのだが……。
ラベル:ノーベル賞 科学
posted by 三毛ネコ at 09:41| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: