2008年05月04日

たぶん最後の御挨拶

「たぶん最後の御挨拶」          東野 圭吾
★★★★
 


ご存知、直木賞作家の数少ない、そして最後の(?)エッセイ。小説にはあまり見られないが、全体的に関西人らしいユーモアがあふれており、非常に読みやすい。これまでの経歴や思い出、好きなものなどがくだけた口調で語られる。

会社員時代に書いた、しかも下書きもなしにいきなり書き始めた第一作が江戸川乱歩賞の2次選考まで通ったということには驚かされる。「才能」としか言いようのないものがこの世には存在するのだ。

「鳥人計画」が吉川英治文学新人賞の候補になったという出来事も興味深い。私はこの作品ではじめて東野圭吾のことを知った。いわゆる本格推理でない広義のミステリーを読んだのは初めてだった。テーマが私の好きなスポーツということもあり、すごく新鮮でワクワクしながら読んだことを覚えている。この本で彼のファンになり、だいたいの作品は読んだ。忘れられないと同時に、お薦めの小説である。

東野は、このエッセイで好きな映画を10作品挙げているのだが、正直言ってがっかり。答えが当たり前すぎるのだ。やはり彼は学生時代の成績オール3の普通人なのか、と感じてしまった。

最近の東野は、本格推理を離れて、もっと大きなテーマのミステリーを書くようになった。前述のとおり、私には彼の「鳥人計画」が面白かったので、本格推理より広義のミステリーのほうが好きである。したがって、このような変化は大歓迎だ。それだけ、彼が経験を積み、人間として成熟してきたということかもしれない。成熟したからこそ、人間の悪意や加害者の家族について考えるようになり、視野が広がってきて、より深みのある作品を書けるようになったのだろう。

本嫌いなのに作家になってしまったという記述や、学生時代国語の成績がものすごく悪かったという話も面白い。それでよく作家になれたものだ。あるジャンルの本が好きで、それをたくさん読んでいればその分野の小説が書ける、と聞いたことがある。本嫌いが作家になれるはずがないのだが、これも才能のなせる業だろうか。

しかし、文学賞落選記録15回といえば相当な数である。才能のある彼でさえ、直木賞を取るのにデビューから20年ぐらいかかっているのだ。それに比べれば、私が今目指している英検一級などは大したことはない、努力すれば必ず取れるのだ、と励まされた気分になった。

東野がミュージカル好きであることや、猫好きであることなど、意外な事実も明かされる。特に、前半の「年譜」は面白いので、東野ファンはぜひ読んでみてほしい。
タグ:東野圭吾
posted by 三毛ネコ at 10:30| Comment(3) | TrackBack(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
コメントありがとうございます。
「鳥人計画」が読み初めだったんですね。
私は「放課後」だったので、しばらく評価低めにしちゃってました(汗)。
東野さんについてこれまで知らなかったことを知ることができて楽しいエッセイでしたね。
最近の「流星の絆」はよかったですよ。

お近づきにトラックバックさせていただきました。
よろしかったら、三毛ネコさんからもどうぞ。
Posted by 藍色 at 2008年05月06日 03:09
これで最後と言わず、もう1冊か2冊はエッセイを書いてほしいですね。流星の絆、読もうかどうしようか迷っていましたが、読んでみます。
Posted by 三毛ネコ at 2008年05月06日 09:53
itchy1976です。コメントありがとうございます。

前半の「年譜」はすごく興味をもって読みました。江戸川乱歩賞をとって、プロの小説家になったはいいけど、『秘密』が売れるまでは、結構不遇な時代(文学賞落選記録15回)が続いていたんだなと言う印象ですね。そのときのことを自虐的に書かれてあったのが印象的です。

これからもよろしくお願いします。
Posted by itchy1976 at 2010年06月09日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95595819

この記事へのトラックバック

たぶん最後のご挨拶 | 東野圭吾
Excerpt: ここのところは、空き時間のほとんどを仕事に関係する書籍や雑誌に目を通すことに使っていたんだけど、いい加減、アクセシビリティだとかCSSだとかRoadmapだとか小難しい単語にも飽きてきて、なんとなく『..
Weblog: cinema and book
Tracked: 2008-05-06 00:32

たぶん最後の御挨拶 東野圭吾
Excerpt: カバー装画・章扉イラストは著者。装丁は石崎健太郎。『あの頃ぼくらはアホでした』、『ちゃれんじ?』、『さいえんす?』、『夢はトリノを...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2008-05-06 03:01

東野圭吾『たぶん最後の御挨拶』
Excerpt: たぶん最後の御挨拶東野 圭吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『たぶん最後の御挨拶』を紹介します。あとがきに書いてあるように、東野氏の最後のエッセイということみたいだ。まあ、書きたく..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-05-31 20:59