2011年03月09日

ミステリーの書き方

「ミステリーの書き方」                    日本推理作家協会編著





ミステリーを書きたい。それが,今の私の願いである。目標とするのは東野圭吾さんの「鳥人計画」。私が初めて読んだ東野作品であり,それ以来彼の作品はほとんど読んできた。私は,今でも彼の代表作は「鳥人計画」か「天空の蜂」だと思っている。それくらい,鳥人計画には衝撃を受けた。一作でいいから書いてみたい。あのレベルのミステリーを。それがこの本を読んだ動機である。

いくつか気になる指摘があった。たとえば,福井晴敏さんの「人間に興味を持つことが大事」という言葉や,東野さんの「日常の些細なことからアイデアが生まれる」といった言葉である。参考になると共に,やはり自分は小説を書くのに向いていないのでは…と思った。

読めば読むほどどう書けばいいのか分からなくなってきたのも事実である。しかし,ファンである東野さんのアドバイスは具体的で分かりやすかった。北村薫さんの「書くためには人間などを「見る」目を持たなければならない」という指摘も厳しいが的を射ている。私はまだそういう目を持っていないため,書きたいテーマが浮かんでこない。

しかし,可能性はある。世界的作家,村上春樹は若いころ,何かを書きたかったが,何をどう書けばいいか分からなかった。しかし,ある日,神宮球場でプロ野球の試合を見ていて「小説を書こう」と思ったという。彼は,そんな瞬間は誰にでも訪れる可能性があると言っている。私も,文章を書く練習をしながら,「その時」を待とうと思う。それが面白いストーリーであることを願って…

私が知りたかったのは,アイデアをどのようにして得るか,プロットをどのように作るかということなので,それ以外の部分はあまり参考にならなかった。しかし,数々のアドバイスの中で驚いたのが馳星周さんの言葉であった。「コピーや真似をしているうちにオリジナリティーが出てくる」。小説で一番大事なのはオリジナリティーだと思っていたので,コピーから始めてもいいという言葉には驚いた。と同時に,真似からでもいいんだ,と少し勇気付けられた。

全体的に,ヒントはけっこうちりばめられている。特に,東野さんと馳さんのアドバイスは具体的で分かりやすく,とても参考になった。書きたいテーマを持っている人がこの本を読めば,1作品ぐらいは書けるかもしれない。そんな説得力を持った本である。








ミステリーの書き方
  • 日本推理作家協会
  • 幻冬舎
  • 1890円
Amazonで購入
書評
posted by 三毛ネコ at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

原稿用紙10枚を書く力

「原稿用紙10枚を書く力」            斉藤 孝
★★★★★



ある程度以上の長さの文章をいかにして書くかを示したハウツー本。

内容は、非常に読みやすく、分かりやすい。特に、長い文章を書くためには重ならない3つのキーコンセプトを取り出して自分なりにつないでみるというところや、書く力をつけるためには映画評を書いてみるのがいいという箇所などは、目からウロコだった。すぐに役立つノウハウが満載で、書くことが苦手なすべての人に使える。

私自身、いくらか文章は書いてきたが、長くてもせいぜい原稿用紙4,5枚程度だった。しかし、この本では題名のとおり、10枚以上が書けるようになるテクニックが記されている。私は、小説を書いてみたいという思いがあり、この本を読んだのだが、この本に載っているノウハウは、小説を書く際にも「使える」とすぐに感じた。

たぶん、誰でもこの本を読めば自分も何か書いてみたいと思うだろう。それぐらいの説得力を持つ本である。

特に大学生や大学院生、書きたいがその方法を知らない人々に勧めたい。
ラベル:斉藤孝 文章技術
posted by 三毛ネコ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」      山田 真哉
★★



 会計学に使われるものの考え方を分かりやすく解説した本。内容は実に分かりやすく、一気に読めてしまう。小難しい理論や細かい数字(数字そのものはいくらか出てくるが)などは一切出てこない。それでも、棚卸資産、キャッシュフロー、棚卸減耗損などの会計用語は出てくるのだが、そのすべてにすぐに分かる解説がついているため、苦労せずに読めるだろう。

 キャッシュフローや数字のセンスについての話など、目新しい知識はけっこうある。

 ただ、あまりにも分かりやすすぎるため、読み終わっても勉強になったという実感が持てない。マンガと同じようなもので、「なるほど」とか、「面白かった」程度の感想しか出てこない。そういう意味では、著者の「会計の本質をつかんでもらおう」という狙いが成功したとは言い難い。少なくとも私は、まったくの素人が会計学に興味を持つようになるパワーを、この本からは感じなかった。

 「読みやすさ」、「分かりやすさ」の2点がこの本の特徴と言える。
ラベル:会計
posted by 三毛ネコ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする